"毎月の支払いに余裕をもっていれば話は違いますが、一度契約をした部屋の家賃というのは下がることはありません。
収入が減ってしまったとしましても、家賃に変化はありませんので、収入に見合った家賃の物件を探すようにしてください。

 

物件選びをしているどのタイプの方にも共通の注意点というものがあり、希望の家賃より高い物件は興味を示さないということです。
少しでも興味を持ってしまうと、家賃を上げて経済的に苦労をしてしまうようになってしまうのです。

 

賃貸物件選びにおきましては、設定した家賃を高くするのは最終手段だという考えを忘れないで下さい。
不動産屋の担当者に「少々家賃を上げて探してみてはいかがでしょうか?」と言われても、予算の変更は最終的な手段として残しておくようにしてください。"



事前に家賃の上限をしっかりと決めておくブログ:29 10 19

おれたちの健康を維持していく上で、
栄養バランスを考えた食べる事がとても大切になります。

特にエネルギー源となる3大栄養素、
たんぱく質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の
頭文字をとった、
PFCバランスは健康に大きく影響を及ぼします。

PFCバランスは、
栄養の質を評価する指標のひとつです。

からだにとって理想的なPFCバランスの割合は
たんぱく質15%、脂質25%、炭水化物60%程度といわれています。

ご飯・麺類・菓子パンなどの炭水化物は、
おれたちのからだの主なエネルギー源として利用されます。

特に脳や神経系に関しては唯一のエネルギー源ですので、
不足すると頭の働きが鈍ってきます。

燃焼スピードが速いため、
からだの中に入るとすぐにエネルギーとなってくれます。

マグロ・ささ身・大豆などのたんぱく質は、
筋肉・爪・皮膚・内臓などを構成する細胞の主成分であり、
からだの機能を助けたり、調節する酵素やホルモンの材料となります。
おれたちのからだをつくる大切な栄養素です。

牛・豚バラ肉・ウナギ・さんまなどに含まれる脂質は
からだの細胞膜・血液・ホルモンなどの原料となり、
ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助けます。

また皮下脂肪・内臓脂肪として内臓や骨格を保護したり、
からだの中に蓄積できる効率のよいエネルギー源になります。

ひとつのものに偏らず、
栄養バランスを考えた食べる事をとることが、
健康への大切な条件となるわけですね。

午前中・午後・晩と
1日3食バランスのよい食べる事を心がけましょう。