"民法で敷金と呼ばれているのは、借り手の債務を担保するということのために、貸し手に渡すものと決められています。
決められていることなので拒否をすることは出来ませんが、最近では資金ゼロの物件も多く出てきています。

 

敷金というのは、あなたが管理者である大家さんに一時的に預けておくお金ということになります。
最終的には戻ってくるお金であり、家賃の滞納分や部屋の修復費として使用されます。

 

敷金というのは決して物件を紹介をしてもらった不動産屋に支払うというものではありません。
資金を不動産屋に対して支払っているかと思いますが、不動産屋から大家さんに後で渡されています。"



理解しておく必要のある賃貸の敷金ブログ:11 11 19

腹筋運動に関する勘違いで、
特に多いのが、腹筋運動を50回や100回など
多くやれば効果的だと認識されていることです。

テレビでダイエットに成功した芸能人が
「日々、腹筋運動を100回やっています!」
なんて言ってたりしますが…

ダイエットに詳しくない人が見れば、
それが正しいと思ってしまうかもしれませんが、
実際は回数を多くやっても
ダイエット効果が上げるワケでないんですよね!

腹筋運動を100回やったとしても
思うような効果を得ることはできないでしょう。

そもそも高回数の運動は
筋肉を鍛えることの論点がズレているからです。

50回や100回など回数を多く行うのは、
筋肉の持久力の向上を目的として行うのが
運動学では基本的なことです。

ダイエットでは
筋肉を鍛えて代謝が上げ、体脂肪燃焼効果を向上させたり、
からだのラインを引き締めるために筋肉を鍛えます。
このような場合、高回数の運動は適していないのです。

ではどのくらいの回数が適しているかと言うと、
ダイエットでは15〜20回が適しているのです。

「えっ少なくない!?」と思うかもしれませんが、
筋肉を鍛えるために重要なのは回数ではなく、
筋肉にしっかりと効かすことなのです。

意識を集中して鍛えることで
15〜20回の回数でもしっかりと効かすことができるのです。

大切なのは
「しっかり意識を集中して鍛える」ことです。

1セット15〜20回で行い、
2〜3セット行うのが効果的な
ウエスト周りの筋肉の鍛え方となります。

ニンニン