"賃貸と売買両方を取り扱っており、賃貸の方にはあまり力を入れていませんので、厳しい条件を出すと相手にされないことが多々あります。
大家さんを優位立てして物件紹介をしていますので、家賃や礼金などの値下げ交渉は幾度してくれません。

 

地域密着型の不動産屋というのは「●●不動産」「●●商事」などといった店舗名で、少人数で営業をしています。
流通物件も多く抱えていますが、それよりも独自物件と呼ばれる大家さんから直接入居者の依頼をされた物件も多く持っているのです。

 

地域密着型の不動産屋におきましては、新築等を紹介出来る状況になったとしても来客数が少なくなっていることから、掘り出し物と出会える確率が高くなっています。
一見入り辛そうな雰囲気のある地域密着型不動産屋ですが、一度利用をしてみると良いでしょう。"


http://www.makana.co.jp/
結婚指輪ナビ



地域に密着している不動産屋は思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかるブログ:26 5 20

昨日は、なかなか寝つかれませんでした。

社会に出るまでに親父に言われた言葉に
「学生が終わったらなかなか友達出来ないかもしれないぞ」
というのがあります。

それを聞いた当時のぼくはとても淋しく思い、
「大人になると一人で生きれるように強くならなくてはいけないのかな」
と感じていました。

それでも縁というの不思議なものです。

社会人になって、
一度も行ったことがない場所に
仕事での赴任が決まり配属された半年後、
たまたま出会った同業他社の男の子は同郷で共通の友達がいることが
話をしているうちに分かりました。

実家を離れての初めての一人暮らし、
日々淋しさを抱えていたぼく。
日々顔を出す営業先で時折挨拶と言葉を交わす彼…

時々は、
仕事の空いた時間をコーヒーを飲みながら
一緒に過ごすこともありました。

一人実家を離れているぼくは、
時折、お姉さんの精神疾患が悪化したと両親から報告を聞いたり、
実家の金銭的事情の悪化を聞いたり…

ぼくの心が折れそうになるたびに、
不思議なことに約束をしているわけでもないのに
彼を見つけ少しだけする立ち話…

「調子、どう?」
「まぁまぁかな。そっちは売れてるの?」
「これからや」
「そっか、がんばってね。じゃ。またね」

たったこれだけの会話と彼の笑顔が
もう実家に帰ろうかしら…とくじけそうになるぼくを
どれだけ救ったのかなんてこと、きっと彼は判っていない事でしょうね。

この彼と出会い、会うことがなくなった後でも
ぼくはやっぱり
「一人で生きられるように強くならなくては、
何がなくなっても生きていけるように…」
そんな風に感じていたと思います。

あの人にも、この人にも、
支えられていることに気づきもせずに…

じゃんじゃん